医者

椎間板ヘルニアの治療法

腰痛

レーザー治療の一つであるPLDDは椎間板ヘルニアの手術に用いられるものです。身体の負担が少なく日帰りも可能な為、忙しい方などに有効な手術です。信頼できる医師や病院を選ぶことが大事になってきます。

詳細を確認する...

レーザー椎間板減圧術

男性

椎間板ヘルニアの治療

椎間板ヘルニアは脊椎の椎骨間にある椎間板が加齢などによって変性をおこし、本来の位置からずれて神経の根本を圧迫する病気です。腰椎で多くおこり腰の痛みと足のしびれなどの症状をおこします。このヘルニアには椎間板全体が神経根を圧迫するタイプと、中心部にある髄核が周りを囲む線維輪を飛びだして圧迫するタイプがあります。椎間板ヘルニアの治療には、非ステロイド性抗炎症剤などによる薬物療法・温熱治療などの理学療法や麻酔剤による神経ブロックなどの保存療法があります。これらの治療法で効果がないときには、椎間板ヘルニアの摘出手術やPLDDが検討されます。PLDDはPercutaneous Laser Disk Decompression(経皮レーザー椎間板減圧術)の略称で、侵襲度の少ない手術法です。

レーザー治療の実際

PLDDをおこなう際にはまず椎間板ヘルニアの部位と髄核が椎間板を飛び出していないタイプであることを、核磁気共鳴画像法などで確認します。局所麻酔をしてコンピューター断層撮影などのガイドのもとで背中の後方から処置をする椎間板にレーザーファイバーが挿入されます。レーザー光により椎間板の水分が蒸発し空洞がつくられて圧力が下がります。この結果神経根に対する圧迫症状である腰痛などの症状が改善されます。PLDDは低侵襲の治療法なので、短時間で終了し回復も早いです。ただしPLDDは髄核が椎間板を脱出しているタイプや高齢者の椎間板ヘルニアには実施されません。熱による無菌性椎間板炎がおこったり一回だけでは不十分なことや摘出手術が必要になる例もあります。現在のところ健康保険は適用されません。

ヘルニアの先進治療法

病院

PLDD治療法は、現在では健康保険の適用がなく、費用が高いというデメリットがありますが、傷が残らない点や、日帰り治療も可能ということで人気の椎間板ヘルニア治療となっています。初期のヘルニアには大変効果的です。

詳細を確認する...

PLDD治療にかかる費用

女性

PLDD治療は椎間板ヘルニアを改善するための最先端治療です。治療にかかる費用は、保険が効かない自由診療のため、事前に治療費を確認しておくことが大切です。無理のない治療計画を立てましょう。

詳細を確認する...