医者

椎間板ヘルニアの治療法

腰痛

身体への」負担が少ない

近年注目されているレーザー治療の一つであるのがPLDDと呼ばれるものです。PLDDは、レーザー椎間板除圧術といい椎間板ヘルニアの手術に使われます。椎間板ヘルニアの手術と言えば、切開によるものが主でしたが最近ではできる限り体に傷をつけないものが主流になりつつあります。最小侵襲手術と呼ばれ顕微鏡や内視鏡によるものがそれに当たりますが、その中でも一番負担が少ないのがPLDDになります。PLDDの手術では直径1mm程度の管を身体に刺し、その中にレーザーファイバーを通し患部(頸椎版)にレーザーを照射するということが行われます。レーザー照射により空洞が出来、頸椎板の内圧が下がりヘルニアが引っ込むことになります。

適応範囲と選び方

PLDDによる治療では局部麻酔が使われ、手術自体は15分程度で完了します。そのため日帰りでの治療が受けられるので、忙しい方や全身麻酔が苦手という方などに有効な手術になります。ただしPLDDは適応範囲が狭く、どの椎間板ヘルニアの患者の方にもできるもので注意が必要です。適応されるのは、髄核がヘルニアから出てしまっていないような症状の方で、髄核が出てしまっているような方にはあまり効果がありません。また、高齢の方や椎間板が不安定といった方にも適応とならないケースが多いです。そしてPLDDの手術には施術者である医師の知識や技量などが色濃く反映されるため、しっかいとした知識と技量を持った医師や病院を選ぶ必要があります。